ホンマでっかTV亀井眞樹先生(医療評論家)の現代病 1位は

亀井眞樹【統合医療評論家】による現代病ランキングの第1位は
ホンマでっかTVのキャストで該当者続出の〇〇〇〇〇の問題

東大卒:亀井眞樹先生

1位:ダイエットのし過ぎが引き金に!?
「睡眠関連摂食障害」

睡眠関連摂食障害とは….
睡眠中 無意識に起きて過剰に食べたり飲んだりすること!
本人は飲食した記憶が全くない

ちなみに…さんま師匠についていた太っていたマネージャーは
寝ながら食べてたらしいので、まさしく睡眠関連摂食障害ですね。

マツコは朝起きたらチョコレートが空になっていたことがあるらしい。
こりゃあ、監視カメラでチョコレートのチェック必須ですな!!
これを見た人は2chで、マツコはチョコレートで
睡眠関連摂食障害だ…って書いてやりましょう

話は戻して…睡眠関連摂食障害
本人は飲食をした記憶が全くない!…ことですが、
通常は一晩に一回だが、一晩に複数回起きて
無意識に食べてしまう人もいるらしい…。

なぜ現代に増えたのか?
無理なダイエット、生活リズムの乱れ、寝不足など
無理なダイエットで食事制限
⇒ 食べられないストレスが影響

つまり…
満たされない食欲 + 睡眠の問題が組合わさると
睡眠関連摂食障害に発展してしまう。
ダイエットはやはり、ミス日本がやっている
食べるダイエット!…9品目ダイエットがいいですね。

なお、睡眠関連摂食障害の割合がどのくらいなのか
調査した結果があり、
外国の大学生200人を調査したところ4.6%が該当した
(っていうか9人でしょ?なんで4.5%じゃないの??)
9.2人…て!0.2人は何だ??

睡眠関連摂食障害に関しては
女性の方が圧倒的に多く、男性の6~8倍のリスクがある。

睡眠関連摂食障害は、怖いことは太ること以上に….
無意識に恐ろしい物(危険なもの)を食べてしまうことです。

それは…糖質や脂質など高カロリーなモノが多い
普段アレルギーなどで食べられないモノも食べてしまう
食用でないもの…例)ペットフード、卵の殻など
毒性のあるもの…例)タバコや台所洗剤など

睡眠関連摂食障害は、無意識にこんな事をしてしまう…
無意識のままコンビニに買い出し!
なんとゲストのキムラ緑子さんはダイエット時に
睡眠関連摂食障害の経験あるそうです。
朝起きたらカリフォルニア巻きを食べたことがあるんだとか?。
女優さんというのは大変ですね。

睡眠関連摂食障害で一番多いのが
睡眠直後から1時間以内に動きだし
過食を始める場合

無意識のまま調理して食べる
無意識なので火傷してしまう場合もある

台所や冷蔵庫に鍵をかけても開錠して食べる
無意識での摂食が原因で肥満、糖尿病、高血圧に
自分の奇異な行動が分かってくるが抑えられない
⇒ うつ状態になる場合も

睡眠関連摂食障害にならないためには
睡眠の質の改善をする予防法
無理なダイエットをしないことが大事
睡眠の改善(ただし、薬に頼ってはダメ)
睡眠薬の副作用で睡眠関連摂食障害を
引き起こしてしまうケースも

どうすればよいのか?睡眠の質をあげる
1 前頭部を冷やす!がいい
前頭部冷やすことはを睡眠改善に効果的!
前頭部を冷やす⇒体温が下がる⇒代謝が下がる⇒眠りやすい状況
…となれば、冷えピタ、熱冷まシート

2 寝る15分前に、自分が感謝している事を書き出す
ネガティブであるほど、心配事でねむれなくなる。
感謝の気持ちを書き出す→ポジティブになり和らげる

さんま師匠のようにハイテンションなら
ひやしたおすのが一番、冷えピタどころか
ドライアイスをぶっかけてあげよう。

ホンマでっかTVの関連する評論まとめ記事

コメントを残す