ホンマでっかTV 8月12日 水の飲みすぎは…危険?亀井先生の対策


アメリカのサイエンス・ディリーから
ホンマでっかな情報が飛び込んできた!

水

水の飲み過ぎは〇〇と同じくらい危険

水の飲み過ぎは脱水と同じくらい危険
ニュージーランドのオークランド大学の研究
運動中、水を飲み過ぎると腎臓の機能が追い付かなくなり、
運動関連低ナトリウム血症(EAH)を引き起こす
EAH:Exercise-Associated Hyponatremia

有名なアスリートが14人も亡くなっている危険な病がEAH
普通の健康な人は、ある程度水が足りると喉が乾かない
それ以上に飲んでしまうと危ない
体内のナトリウムが不足した場合は、塩分を摂取した方が良い
水分だけではダメ…と、今ではどこでも注意喚起してると思うので
飲みのは水じゃなくて、ポカリスエットがいいのでは…。
ポカリは「飲む点滴」って言われてますかね。

飲む点滴ポカリスエット

似ていますがアクエリアスは、ポカリスエットほどの
効果は期待できないので、お店に売ってないから
アクエリアスで代用しよう…としちゃダメですよ。

亀井眞樹【統合医療評論家】によると…

運動関連低ナトリウム血症(EAH)を引き起こしやすい人は
1 ⇒ 4時間以上 屋外で動く人
2 ⇒ 体格がガッシリしている人 or 痩せすぎているスリムな人
体から出る以上の水を飲んでしまうのが危険

炎天下では腎臓への血管が締まるので尿が出せない
⇒ 排泄できないところに水を飲んでしまうと血が薄まってしまう
⇒ 血液中のナトリウムが減ってしまう
⇒ 脳が機能しなくなり意識消失や死亡する

それでは対策は…
1 ⇒ 出かける前に体重を量る
2 ⇒ 動いた後に体重を量り、2%減っていると危険
体重5kgの人が1kg減少していたらすぐに水分を摂る必要がある
体重が元に戻った場合は、それ以上水分を摂らなくてもよい

身体の塩の出入りは、体質によって2つに分かれる
1.暑い日に色の黒いTシャツを着て出かける
2.できた汗染みで塩をふく人は、塩を摂らないとまずい体質

自分の体質によって夏バテ対策を変えなくてはいけない
漢方の概念で消化管の機能を「裏」という

裏が熱を持っている人は、冬でもアイスクリームが大好き

こういう人は積極的に冷やした方が楽に過ごせる
炭酸飲料は水より体温を下げる

夏でも熱い飲み物を頼む人
⇒ 麦茶を常温で飲んだ方が楽に過ごせる

ホンマでっかTVの関連する評論まとめ記事

コメントを残す