ホンマでっかTVランキング:(6/3)幸せな結婚生活を送るための弁護士の使い方 第3位

ho2015429ma10

法律評論家:堀井亜生先生によると…

弁護士というと、裁判の時など揉め事の時
というイメージがありますが、
裁判になる前に弁護士を使える場面が多々あります

特に男女関係の事案に詳しい弁護士は
結婚前から結婚後の様々な事案を経験している
⇒幸せな結婚生活の為に一役買う可能性が十分ある。

…ということで、幸せな結婚生活を送るための
弁護士の意外な使い方ランキング

3位:結婚相手選びで失敗したくないなら弁護士を使ってみよう

【結婚相手選びでよくある失敗】
結婚相手との金銭感覚のズレ結婚後、金銭感覚力が合わない
相手が浪費家だったなど、上手くいかないケースが意外に多い

そのために失敗を回避するための方法は

images
婚前契約書を作成
⇒結婚前に結婚後の夫婦の具体的な決め事を詳しく記した契約書
婚前契約書を作成する事で、お互いの金銭感覚をあらかじ示すことができる。

ほとんどの夫婦は金銭の取り決めをせずに結婚してしまう。
⇒ 結婚後に金銭感覚のズレに気づく

池田先生
池田先生:そんな面倒くさい奴と結婚しなきゃいいじゃん!
(池田先生のセリフはまるでギャル男みたいだぁ~。)

金銭に関する婚前契約書の項目例
(1)妻は夫から支払われる生活費の範囲で家計を賄う
ちなみにブラマヨ小杉のところは、全部お金を渡していないそうです。
この質問は聞いちゃダメだった?(By さんま師匠)

(2)5万円以上の買い物はお互いの了承を得て買う
あたりまえのことだけど、これを拒否する人もいるそうです。

(3)夫が親族か贈与された金銭は夫の財産であることを了承する
(結婚前の貯金は各個人のもの)
結婚後にも言えるが、その場合は「だったら結婚しなかったのに~」
という悪どい人(怖い人)もいるそうです。世の中ぁ~結局お金ですか?

婚前契約書に事前にサイン ⇒ 感覚の行き違いによるイザコザを回避
当然の項目にサインできない人 ⇒ 信頼できない相手となりうる
サインできない人も当然いるそうですよ。お金って怖い!!

ホンマでっかTVの関連する評論まとめ記事

コメントを残す