ホンマでっかTV!平川先生の関西弁が炸裂!公の場で○○する親がヤバイ

引き続き…毒親編です。
まずは平川裕貴【子供教育評論家】先生からですが、
平川裕貴って名前だけみると、男性に見えますが、女性です。
貴和….と書いて
「たかよし」と呼ばれる男性もいれば
「きわ」と呼ばれる女性もいました。
改めて、日本語って難しいですね。
これにキラキラネームなんて入ってきますから、
さらに複雑怪奇だったりしますが…。

….話を戻して、あるエピソードから

平川裕貴先生【子供教育評論家】によると…

バスの席が取れなかった我が子を…

公の場で罵る父親ヤバイ
これは…完璧主義の父親の話

小学校4年生くらいの女の子と
小学校1年生くらいの男の子がいる家族がバスに乗ってきたが
小学校1年生くらいの男の子の席だけとれなかった

そのときに…父親が言ったのは
「何をモタモタしてるんだ!」
「バスに乗ったらすぐ右に行って席取れ言うたやろ!」
なんで途中から関西弁??(スタジオ・キャスト一同)

この罵倒には続きがあって、この続きがたち悪い
この完璧主義と思われる父親が
「バスの外 見てみい!」…と大声で叫び、説教を続けます
「さっきモタモタしてた子供がおるやろ、あの親見てみぃ!
ボーっとしてバカみたいな顔しとるやろ!
親があんなんやから子供がバカになるんだ!」
(…なんて口の悪い、完璧主義者の父親なんでしょ。)
このおっちゃんは大阪、大阪、ですねぇ…と言っても、
特に、東大阪ですね(Byブラマヨ吉田)
東大阪って…ブラマヨ小杉??

牛窪恵先生【マーケティング評論家】によると

牛窪恵先生

我が子の恋路を邪魔しようと
別れさせ屋に依頼する親がヤバイ
…そりゃぁヤバイわ!

息子をたぶらかせてと…いう思いが強い母親

GPSで子供の位置を常に監視
⇒ 怪しい時は彼女の母親に連絡までする
…というか、そんな行為をする母親が怪しいわ!
相手が自分の子どもじゃなかったら、ストーカーやろ?
自分の子ども…なんだから、文句言うな
…って言われそうですが…(毒親ですから…)

子ども同士のSNSに潜り込み、
噂の流して別れさせようとする親も
⇒ 目的は息子に別れさせること…なんだとか。

成績が落ちるのを恐れ、別れさせ屋に依頼する親も…
…病気ですか?お金払ってまでやることですか?

毒親にならないためには…
親子の密着しすぎをなくすのがいい!
では、密着しやすくなるのは…専業主婦!

専業主婦で趣味を持たせてもらえない
⇒ 子どもに過干渉になる母親も…
趣味のない親は毒親になりやすい

ブラマヨの小杉は趣味がないから…毒親になりやすい?
ただし、趣味が多い男性は浮気しやすい
….ってどないやねん!!

平川裕貴先生によると【子供教育評論家】…

昔は家事が忙しいので、子どもにまで目がいかなかった
(要は、放置プレイだった…ということですね。いい意味で…)
しかし、今はボタン1つで何でもできてしまう。
そのため子どもの行動が気になってしまう(悪い意味で…)

毒親増加の一因は家事の時間が減り
子どもにかける時間が増えたため。

昔と比べ、子どもを気にする時間が増え
何でも先にやってあげてしまう傾向が…

子どもはやりながら覚える(失敗しながら覚える)が、
今はそれができない。親が暇な分、次から次へと教えてしまう。
毒親にならないためには「待つ勇気」が必要
目先のことに右往左往しない!
つまり…ほっといたれ!(放置プレイ!)ってこと
子どもは社会に出る20歳までに人間力を育てれば良い

子どもにはイヤイヤ期がある。
そのイヤイヤ期を上手に待つことが大切ですね。
…って言ったって、待てないのが親だったりしますが…
…そう思うと、今の日本の気持ち悪いくらいの
イクメンブーム・イクメン信仰
…って言うのも考えものですね。
少し外れちゃうと毒親になってしまいますから…。

子どもは自分の所有物じゃない!社会の宝だ!
…と思うことが大切です。名言ですね。

ホンマでっかTVの関連する評論まとめ記事

コメントを残す